人は自分をほかの人より特別だと認知している

 人は、自分と他人を同列の存在として認知しません。

 自分は他人よりも特別な存在という感覚で生きています。

 その理由について書きます。

自分を知っている方法が特別

 人が、自分を特別だと認知する理由は、

 

自分とは、世界でただ一人、自分という存在を自分の内側から知っている人間

 

だからです。

 わたしの思考や感情を経験できるのは、わたしだけです。

 他人がわたしの思考や感情を経験することはなく、生涯、わたしも他人の思考や感情を経験することはありません。

 他人の思考や感情は、自分の思考や感情に照らし合わせて、外から観察して推測するしかありません。

 私たちは、ひっきりなしに自分の頭をよぎる考えや感情の流れをモニターしています。

 しかし、他人については、その人の言動をモニターするしかなく、しかもモニターするのは、その人がそばにいるときに限られます。

 自分自身を知る方法と他者を知る方法がまったく異なり、モニターしている時間は、個々の他人はわずかであり、自分自身が圧倒的に長いのです。

 このように、わたしたちは、特別な方法で自分自身を知っているため、自分を特別だと認知するのです。

タイトルとURLをコピーしました