2020-04

学習

確証バイアス ~人間は、自分に都合の良い情報だけをキャッチする~

 人間の脳には、自分に都合の良い情報だけを探し求めてキャッチしようとする思考の癖があります。  この思考の癖を「確証バイアス」といいます。  バイアスとは、無意識に動き、コントロール不能な脳の自動思考システムです。  人...
学習

正解とは、権力者が決める「もっとも正しい答えに近いとされるもの」である

正解は最初から存在しない  「平気でうそをつく人たち(M・スコット・ペック著)」という本において、科学的知識の定義について、以下のように書かれていました。  われわれは科学を「真理」と見なすように習慣づけられている。 現実には...
学習

フラッシュバックの回避方法 ~認知の偏り「選択的注意」「選択的記憶」「選択的記憶喚起」~

何に注目すべきかを一瞬で選ぶ力「選択的注意」  人は、あふれる情報の中で、「何に注目すべきか」を自動で選びとる思考の癖を持っています。  この「何に注目するか」を自動で選びとる思考の癖を「選択的注意」と呼びます。  何に...
学習

安心できない人からは逃げたくなる ~信頼とオキシトシン~

快楽への接近と危険の回避  人間は、近くに信頼・安心できる他者がいるときには、心が落ち着くシステムを持っています。  そのため、その場にとどまることができます。  人間には、快楽(この場合は信頼・安心できる人)に...
学習

【短期的な利益と長期的な利益】短期的に利益をあげたければ人を裏切るべき

「長期的な利益」と「短期的な利益」  成功とは、たいてい長期的な観点で決まります。  成功者とは、何百、何千、何万もの行動を重ねて、結果的に多くの資源(お金、物、知識、経験、人脈など)を蓄積した人です。  長期に渡って資...
学習

【誠実さだけではダメ】他人からの信用は誠実さと能力で決まる

 仕事を受注したり、会社内で高い評価をもらうためには、「この人なら信用できる」「この人ならうまくやってくれる」と思ってもらえることが重要です。  社会で成功するためには、他人から信用される価値のある人間である必要があります。 ...
学習

信頼できる人はいません。現時点で信頼できる人がいるだけです。

 いったん人を信頼すると、「この人は信頼できる人だ」と思ってしまいますが、この認識は正しくありません。  正確には、「この人は現時点で信頼できる人だ」と考えるのが正しい認識です。  なぜなら、人の信頼度レベルは固定されていない...
学習

正当化バイアス~とにかく自分を正当化したい~

正当化バイアス  私たち人間は、自分を正当化せずにはいられません。  自分に非があるとされた時に生じる苦痛は耐えがたいものだからです。  ゆえに、人には非難をかわしたいという願望が心にしみつています。  そのため、...
学習

損失回避バイアス~得る喜びより、失う苦痛の方が大きい~

 1万円をもらう喜びと1万円を失う痛みはどちらが大きいと思いますか。  合理的に考えれば、喜びと痛みの大きさは同等ですが、人間の心理上は同等になりません。  自分事として想像してもらうと分かると思いますが、人は1万円を失う痛み...
学習

【ほめ言葉は危険】ほめる行為には相手を操作する意図がひそんでいる

 誰だってほめられるとうれしいものです。  少なくとも悪い気分はしません。  これは、人に承認欲求という本能が備わっているためです。  人は「他人から認められたい」という承認欲求に突き動かされて生きています。  し...
タイトルとURLをコピーしました