2020-09

学習

認知主導的意思決定 ~修正を前提として、行動する意思決定~

認知主導的意思決定とは?  認知主導的意思決定という意思決定モデルがあります。  認知主導的意思決定とは、 実体験や仮想体験で蓄積してきたパターンの引き出しの中から、適切と思われる策を一つ選び出し、修正を加えていくことを...
学習

自信は、手持ちの情報の「整合性」と「認知容易性」から生まれる

自信は、どのようにして脳内で作られるのか 〈質問〉  自信とは何か?  自信があると感じられる時は、どのような時か? 〈答〉  自信とは感覚である。  自信があると感じられる時とは、 手持ちの情報...
学習

ビジネス書を読むときの注意点 ~後付けの物語は「分かったような気になる」錯覚を生む~

 私は、ビジネス書を読むのが好きです。  ビジネス書を読むことで、社会を生きる上で、有益な情報を得られるからです。  しかし、ビジネス書は、肯定できるものばかりではなく、一つ、注意を向ける点があります。  その注意点とは...
学習

結果バイアス ~評価者は、結果に合わせて、後出しで行為者を評価する~

結果バイアスとは?  人は、他人を評価をするとき、結果に至るまでのプロセスが適切だったかどうかではなく、結果が良かったか悪かったかで、他人を評価します。  この認知パターンを、『結果バイアス』といいます。  人は、結果バ...
学習

後知恵バイアス ~人は、過去の記憶を改変する~

後知恵バイアスとは?  人の脳は、過去における自分の理解の状態や、過去にもっていた自分の意見(今は変化してなくなっている自分の意見)を正確に再構築できないことが分かっています。  新たな世界観を獲得したとたん、その直前まで自分...
学習

講釈の誤り ~人は、誤った世界観で生きてしまう~

「講釈の誤り」とは?  「講釈の誤り」とは、 過去に起こった出来事について、原因と結果に都合が良く、納得がいく理由づけをすることにより、頭の中で作り上げた誤ったストーリーが、私たちに、誤った世界観や、誤った将来予測を形成させる...
学習

【心理学】人は、「現在の評価」と「将来の評価」を区別できない

 あなたに、たとえ話の質問をします。  あなたは、会社の上司で、部下のAさんとBさんを評価をする立場にあるとします。    部下Aさんの業績は、 今期の営業成績 100万円の売上Aさんに対するお客様満足度 95% ...
学習

平均への回帰 ~出来・不出来はランダム変動する~

うまくできない人を怒鳴っても、うまくできるようにはならない  うまくいったときに褒める→褒めると、調子にのって気が緩むから、次はうまくできない  失敗したときに怒鳴る→怒鳴ったおかげで、次はうまくできる  上記のような価...
学習

【心理学】人は、周囲にたくさん人がいる場合、自分の責任を感じなくなる

周囲にたくさん人がいる場合、自分の責任を感じなくなる  多くの家族連れでにぎわう公園の真ん中で、3歳の子供が迷子になって泣いていたとします。  あなたは、すぐに迷子になった子供に声をかけて、親を探したり、迷子センターに子供を連...
学習

【心理学】統計的基準率、因果的基準率とは? ~統計的基準率は無視される~

 統計的基準率と因果的基準率という概念について書きます。 統計的基準率とは?因果的基準率とは?  以下は、統計的基準率と因果的基準率を理解するための例文です。 例文 ① 市内を走るタクシーの85%は緑色タクシーで、...
タイトルとURLをコピーしました