「脳科学は人格を変えられるか?」を読んで記憶に刻み込みたい部分をブログに書いてみた①

 今回は、脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス著、文春文庫)を読んで、特に勉強になった部分をブログに書きます。

 本書を読むと、人格形成の仕組みなどについて脳科学的に理解できます。

 なお、以下は本書を読んで学んだことを私のフィルターを通して書いた文書なので、本書が伝えたいことを正確に知りたい場合は、実際に本を手にとって読んでいただきたいと思います。

サニーブレンとレイニーブレイン

  • 人生の明るい面に目がいくか、暗い面に目がいくかという差は、脳の活動パターン自体に関連している。
  • 脳の中には思考をつかさどる新しい領域と、原始的な感情をつかさどる古い領域があり、両者は神経線維の束で結ばれている。この結びつきが様々な心の動きを生む。
  • ネガティブな心の動きを担当する脳回路をレイニーブレイン(悲観脳)といい、ポジティブな心の動きを担当する脳回路をサニーブレイン(楽観脳)という。
  • 人が自分に害を与えるものを察知したり、危険なものを警戒したり、良いものに引き寄せられたり、快楽や生きる喜びに目を奪われたりするのは、レイニーブレインやサニーブレインがもたらす心の動きのせいである。
  • この回路の反応が人によって異なることが、生き方や考え方の深い相違につながっている。人の性格がなぜこれほど異なるかの答えはここにある。
  • 楽観的な人の心は、ポジティブなものに引かれると同時に、ネガティブなものを巧みに遠ざける。悲観や不安を抱きがちな人と楽観的な人とでは、認識のスタイルが根本的に異なっている。

 上記のように本書では、脳回路には、サニーブレインとレイニーブレインがあり、この2つの脳回路の働きの違いが、人格(ポジティブ思考とネガティブ思考)の相違として現れると説明しています。

 本書は、人それぞれで人格や思考が相違する理由を脳科学的に理解させてくれるので、その部分だけでも大変価値のある一冊です。

脳の構造は再形成(変化)させることができる

  • サニーブレインとレイニーブレインの根底にある回路は、脳の中でも可塑性が高く、変化しやすい部分である。ストレスや憂鬱な出来事が長時間続けば、あるいは幸福感や喜びが長時間続けば、脳の特定の部分に構造的な変化が起きる可能性がある。
  • 人間の脳には変化する可能性があり、実際に変化できる。
  • ものの見方、心の癖・偏りがわずかでも変化すれば、脳の構造は再形成される。
  • 脳の構造の再形成は、人を楽観的にもすれば、悲観的にもする。困難や喜びに対する脳の反応を変えることができれば、性格を変えるのも夢ではない。

 上記のように、本書では、脳回路は再形成させることができると説明しています。

 ビジネス書籍やビジネス系YouTube動画において、よくマインドセットが重要といわれます。

 マインドセットとは、ものの見方、考え方、認知の仕方などを、ビジネスや人生を成功に向かわせる用にセットすることいいます。

 マインドセットとは、脳科学的にいうと、脳回路を再形成をさせるための行動と言い換えることができると思います。

 例えば、成功者の思考系の動画を反復して見続けて、自分の行動もそれに則したものに変えていき、それが習慣化すると、数か月から数年で自分の思考に変化が現れます(実際にやったことがある人は分かると思います)。この状態が脳回路が再形成された状態ということです。

 今は、脳回路を意識的に再形成できる時代です。

 2019年はビジネス系ユーチューバーが大頭した年になりました。

 ビジネス系ユーチューバーの動画を反復して見る(聞く)だけで、簡単に脳回路の再形成ができますので、おすすめします。

人生は出来事ではなく、気質に影響される

 オーストラリアのメルボルン大学のブルース・ヘディとアレクサンダー・ウェアリングが1989年に発表した研究の中で、以下のとおり、「人がどんな経験をするかは気質に影響される」と示唆しました。

※「気質」とは、一時的な感情ではなく、時間が経っても消え去らず、生涯にわたってほぼ変化しない人それぞれの感情スタイルや思考方法をいいます。

  • 調査で同じような出来事が同じ人の身に繰り返し起きていることが明らかになった。幸運な人には何度も幸運が訪れていた。いっぽうで、別離や失業など不運に何度も見舞われる人もいた。
  • 楽観的な人はポジティブな出来事を、悲観的な人はネガティブな出来事をより多く経験していた。
  • 気質と出来事が別個に幸福度に影響するというのは誤りであり、気質が起きる出来事に強い影響を与えている。

 本書では、出来事ではなく、個人の気質が幸福度に影響することを明らかにしています。

 学校で例えるなら、クラスの陽キャ気質の人には、運動部のキャプテンになったり、彼女ができるなど、ポジティブなことが必然的に起こります。

 これに対し、クラスの陰キャ気質の人には、周囲から地味なやつなどの暗黙の認知をされ、陽キャのような明るい出来事は起こりません。

 人生において、その人が持っている気質が、幸福と不幸のどちらを引き寄せるかに強く影響することは間違いありません。

楽観主義の特徴

  • 楽観主義(オプティミズム)とは、ラテン語で、「可能な限りの最善」を意味する「オプティマム」に由来する。
  • 本来の楽観主義は、世界を善悪こみであるがまま受け入れ、かつ、そこに潜むネガティブなものに屈しないことである。
  • 待ち受ける問題や障害を自分で創造的に解決する必要があることを受けとめ、自身の問題を解決するための行動を起こす人こそが真の楽観主義者である。
  • 楽観主義者は、起きた出来事に敢然と立ち向かおうとする。自分の未来とは結局、自分がどう対処するかで決まるものと信じている。

 本書では、楽観主義者について上記のように定義しています。

 楽観主義者とは、物事のポジティブな面に目を向ける人のことでありません。

 楽観主義者を正確に定義すると、ネガティブな出来事が起こっても「対処できる」「対処してみせる」と信じることができる人をいいます。

 この考え方は実生活で使えるのでおすすめします。

悲観主義者の特徴

  • 悲観主義者は、ネガティブな考えに染まりやすく、何か障害に出会うたび、「自分は世界から拒絶されている」と受け止めてしまう。
  • 悲観主義者は、問題とは個人の力ではどうにもできないもので、決して消えてなくなったりしないと信じている。
  • 良いことは自分を素通りして他人にばかり起こると考える特徴がある。「自分には、良いことは起こらない」という無力感は、消極的な態度や意欲の欠如につながる。そして、この単なる悲観主義が抑うつ症へと発展する原因になる。
  • 悲観主義者は、慎重の度合いが過ぎる人々である。リスクを冒すより安全な道を選ぶ。

 本書では、悲観主義者について上記のように定義しています。

 悲観主義の方に気質が寄ってしまうと、人生で成功はできないでしょう。

 悲観主義者の問題点は、「障害や問題は自分で解決する」と考える脳がないことにあると思います。

 (昔の私は、問題は自分で解決すると考える脳はありませんでした)

 この記事を読んだ皆さんは、悲観主義から楽観主義に切り替えるヒントや、楽観主義を強化するヒントを得たと思いますので、今から変わっていきましょう(脳回路を再形成していきましょう)。

 続きは次回記事で書きます。

関連記事まとめ

その1

「脳科学は人格を変えられるか?」を読んで記憶に刻み込みたい部分をブログに書いてみた①

その2

「脳科学は人格を変えられるか?」を読んで記憶に刻み込みたい部分をブログに書いてみた②

その3

「脳科学は人格を変えられるか?」を読んで記憶に刻み込みたい部分をブログに書いてみた③

タイトルとURLをコピーしました