示指を出すとは?~脳の働き方の視点~

指示を出すとは?

 他人に指示を出すのは、相手の脳の働き方を変えるためです。

 指示は、相手のものの考え方や見方を変えて、相手の世界観(前提の信念)を自分に近づけるために行います。

 人は、それぞれ、前提の信念をもっています。

 その前提の信念に基づき、思考して自分なりの答え・結論を導き出しています。

 人は、前提の信念に変化が起こると、違う答え・結論に着地するようになります。

余談

 相手の脳の働き方をかえるのは、簡単ではありません。

 相手が「変わりたくない」と思ったら、脳の働き方は変わらないからです。

 相手が「自分から変わろう」と思ったときのみ、脳の働き方は変わります。

 ‶ 自分は変えられるが、他人は変えられない ″ といわれるように、相手の脳の働きを、相手の意思に反して、自分に都合の良いように変えることは、暴力的な手段を使わない限りできないからです。

情報の伝達成功率をあげる要因

 指示を出すとは、情報を伝達することでもあります。

 自分の支持どおりに相手を動かすためには、情報の伝達成功率をあげる必要があります。

 情報の伝達成功率を上げる分かりやすい要因は、

  情報の正確さ

です。

 正確な情報は、心から心へと、ただちに伝達されます。

 そして、正確な情報は、人を正確な情報に沿った行動に駆り立てます。

 人類が、後退することなく、進化し続けるのは、正確な情報を伝達し、正確な情報を受け入れるコミュニケーションを好んでとるためです。

タイトルとURLをコピーしました