【心理学】経験するより、記憶することが大切

経験するより、記憶することが大切

 人の心理は、「経験するより、記憶することが大切」と感じることについて書きます。

 

 思考実験により、記憶の抹消は、経験の価値を大きく損なってしまうことが分かっています。

思考実験

 休暇が終わると、休暇の記憶をすべて消してしまう薬を飲むとします。

 被験者に「記憶が消される休暇にいくら払いますか?」と質問します。

 多くの被験者は、記憶がなくなってしまうなら、わざわざ出かける必要はないと答えました。

 

 この思考実験の結末は、私たちにも当てはまるのではないでしょうか?

 たとえば、

  • EXILEや嵐など好きなアーティストのライブに行くこと
  • 高級旅館に宿泊すること
  • ハワイやヨーロッパなどの海外旅行に行くこと

などの楽しみを経験できるが、後で記憶が抹消されることになった場合、これらの楽しみに高いお金と時間を払うでしょうか?

 私なら、記憶がなくなるのであれば、高いお金や時間を払って、それらの楽しみの経験を買わないだろうと考えます。

 直感的には、「経験している瞬間は、自分が楽しめているのだから、高いお金と時間を投下してもいいじゃないか」という発想にはなりません。

 「何も覚えてないなら意味ないじゃん」となります。

 心境としては、「記憶する自分」が重要なのであって、「経験する自分」は重要ではないということです。

経験は、記憶を作るための手段である

 このとから、人は、記憶することが大切だと考えていることが分かります。

 経験しても、その経験が記憶に残らないのであれば、意味がないと考えるわけです。

 つまり、経験することは、記憶を残す(作る)ための手段として大切だということが分かります。

タイトルとURLをコピーしました