【心理学】統計的基準率、因果的基準率とは? ~統計的基準率は無視される~

 統計的基準率と因果的基準率という概念について書きます。

統計的基準率とは?因果的基準率とは?

 以下は、統計的基準率と因果的基準率を理解するための例文です。

例文

① 市内を走るタクシーの85%は緑色タクシーで、15%が青色タクシーです。

② ある日の夜に、タクシーがひき逃げをしました。

③ 目撃者は、タクシーの色は青色だったと証言しています。

④ 目撃者が夜に青色タクシーと緑色タクシーを正しく見分ける確率は80%でした。

統計的基準率とは?

 ①の文書にあるパーセンテージが、統計的基準率です。

 統計的基準率とは、固有の条件をつけない、巣のままのグループがもつ確率です。

因果的基準率とは?

 ④の文書にあるパーセンテージが、因果的基準率です。

 因果的基準率とは、固有の事情に基づく確率です。

統計的基準率は無視される

 統計的基準率は、因果的基準率があるときは、無視されます。

 統計的基準率と因果的基準率の関係を考える上で、この点がおもしいところです。

 タクシーのひき逃げの例文に当てはめて説明します。

 市内を走る85%は緑色タクシーで、15%が青色タクシーです。

 なので、統計的基準率としては、ひき逃げをしたタクシーは、85%の確率で緑色タクシーになります。

 青色タクシーがひき逃げをしたと証言する目撃者が、夜に青色タクシーと緑色タクシーを正しく見分ける確率は80%です。

 なので、因果的基準率としては、ひき逃げをしたのは、80%の確率で青色タクシーになります。

 この場合、因果的基準率(目撃者がいたことにで生まれた固有の事情に基づく確率=ひき逃げをしたのは、80%の確率で青色タクシー)が、事実を認定するために用いられる確率になります。

 つまり、因果的基準率が採用され、統計的基準率が無視されるということです。

統計的基準率と因果的基準率の特徴

統計的基準率の特徴

 因果的基準率が存在すると、無視されます。

 無視まではいかずとも、過小評価はされます。

因果的基準率の特徴

 そのケース固有の情報として扱われ、人の判断に強い影響を与えます。

因果的基準率が、人の判断に強い影響を与える理由

 人間の脳は、因果関係が認知できる物事に対し、心地よさを感じ、正しさがあるという認知をします。

 人は、生まれつき、因果関係を見るようにできているため、因果関係が分かるシナリオが大好きなのです。

(詳しくは、【心理学】因果関係 ~「因果関係づけ」ができる事は ‶ 正しい ″ ~で説明しています)

 よって、人は、因果関係が形成されるシナリオの扱いを好み、かつ、得意とするため、因果的関係率が人の判断に強い影響を与えるのです。

 逆に、人は、統計的な推論に弱いため、因果的関係率がある場合は、因果的関係率の方から答えを出そうとするので、統計的関係率をスルーします。

仕事においては、因果的関係率を使うべき

 会議、プレゼンテーションなど、仕事においては、因果的関係率を意識的に使っていくことが有効になります。

 人は、因果的関係率を好んで使い、意思決定をするからです。

 議論の相手が、統計的関係率を持ち出してきたら、因果的関係率でつぶしてやりましょう。

タイトルとURLをコピーしました