暗黙のエゴとは ~人は、自分の同類を嗅ぎ分ける~

暗黙のエゴ

 社会心理学の研究によると、人は、自分と似ている人を助ける傾向があることが分かっています。

 この傾向を、「暗黙のエゴ」といいます。

 この ‶ 似ている ″ は、全然重要ではない些細なことや、偶然の一致のもので十分です。

 たとえば、

  • 出身が同じだとか
  • 同じスポーツをやっていたとか
  • ファッションセンスが似ている

といったもので十分です。

 人は、相手に自分と似ている点があるだけで、依頼に快く応じやすくなったり、困っている相手を積極的に助けようと思えるようになります。

 人が他人を助けるときは、「暗黙のエゴ」効果が働いているのです。

人は、自分の同類を嗅ぎ分ける

 人は、自分と同類の人を嗅ぎ分け、反応する能力に長けています。

 誰しも、「この人とは仲良くなれる」「この人とは仲良くなれない」というのが直感で分かります。

 この線引きをしているのが、自分と同類かどうかの嗅ぎ分けです。

 自分と同類かどうかを嗅ぎ分けることができるのは、集団を作って生きる人間にとって、自分と同類かどうか、自分と同じような遺伝形質であるかどうか見分けることが、種の存続にとって大切だったためと考えられています。

 同類かどうかの嗅ぎ分けの決め手は、

  • 価値観が似ているか
  • 物事の見方が似ているか

にあります。

 そのため、価値観や物の見方が似ているということが、人間関係の決め手になります。

 逆にいえば、価値観や物の見方が似ていない人とは、仲良くなるのが本能的に難しいので、自分に無理を強いて、仲の良さを取り繕う努力をしたりするのは、賢明ではありません。

 価値観や物の見方が似ている人との付き合いの方に時間を費やし、価値観や物の見方が似ていない人との付き合いは、ほどほどにした方が人生が有意義になるでしょう。

 「暗黙のエゴ」と同じく、人は、自分と似た人に惹かれる傾向を備えているのです。

タイトルとURLをコピーしました