ヘルパーズ・ハイとは? ~人は、与えることで充実感を得る~

ヘルパーズ・ハイとは?

 ヘルパーズ・ハイとは、

誰かを助けたときに、脳内からドーパミンという快楽物質が分泌され、充実感、高揚感を感じることができる現象

です。

 人を助けたり、人の役に立つ行為をすることは、たとえそれが自己犠牲を払う行為だとしても、無理のない範囲であれば、気持ちが良くなる行為なのです。

 ボランティア精神が旺盛な人や、助けたがり屋さんなどに対し、「何でこの人は、こんなに人のために頑張ってくれるのだろう?」と不思議に思ったことがあると思います。

 この手の人たちは、ヘルパーズ・ハイになっている場合があります。

 だから、自分を犠牲にしてギブができるのです。

 ボランティアや人助けをする人は、正義感、善意または偽善などの動機のほかに、ヘルパーズ・ハイになって、気持ちが良くなるからやっている場合もあるわけです。

ヘルパーズ・ハイに関する研究

心理学者エリザベス・ダンらの調査

【調査内容】

 被験者に、朝、自分の幸福度を評価してもらい、続いて、思いがけない贈り物として、20ドル(約2,000円)が入った封筒を渡す。

 その20ドルは、その日の午後5時までに使わなければならないというルールがある。

 20ドルを使った後、被験者に再び自分の幸福度を評価してもらう。

【調査結果】

 20ドルを自分のために使った人と、ほかの人のために使った人がいました。

 自分のためにお金を使った人の幸福度は朝と変わりませんでした。

 しかし、ほかの人のためにお金を使った人は、幸福度がかなり上がったと報告しました。

  

 普通なら、自分のためにお金を使った人の方が、幸福度は高くなると予想するところです。

 しかし、実際は、人のためにお金を使った人の方が、幸福度が高くなりました。

 これが、ヘルパーズ・ハイの力です。

 他人のためにお金を使ったことで、

➡誰かを助けた、誰かの役に立てたという感覚なる

➡脳内からドーパミンという快楽物質が分泌される

➡充実感、高揚感を感じることができ、幸福度が上がる

という現象が起こったのです。

ボランティアをするとヘルパーズ・ハイになれる

 ボランティア活動をすると、幸福度、人生への満足度、自尊心が高まり、うつ病が軽減することが分かっています。

 ボランティアなど、人に何かしてあげることは、生きがいをもたらし、自分自身の問題から目をそらさせ、人から評価されていると感じさせます。

 これは、ヘルパーズ・ハイの力です。

100時間ルール

 ボランティア活動は、年間100時間を超えると、幸福度と人生への満足度が下がっていくことが分かっています。

 与え続けることは、エネルギー、時間、金を消耗し続けることであり、次第につらくなっていくからです。

 逆に言えば、ボランティア活動は、年間100時間までであれば、幸福度、満足度、自尊心が高まっていくということです。

 これを「100時間ルール」といいます。

 年間100時間は、週2時間程度です。

 ボランティア活動は、週2時間程度までとしておけば、活力が得られ、疲労感を抑えられ、幸福度は良い水準をキープできます。

 ヘルパーズ・ハイになるためには、与えすぎは禁物です。

 無償のギブは、週2時間程度にしておくなどのコントロールをすることは、疲弊を防ぐために有益です。

 ちなみに、私は、20代は、「他人の役に立つことをするのが、人のあるべき姿だ」という人生観で生きていて、自己犠牲は払ってでも、人に与えるギバーをやっていました。

 今思えば、当時、ヘルパーズ・ハイになっていたと自認しています。

 30代になった今は、自己犠牲はやめて、自分の取り分を考える生き方に切り替えています。

関連記事

成功するギバーとは? ~自己犠牲タイプのギバー、他者志向タイプのギバー~

タイトルとURLをコピーしました