人は、情報の内容に関心を示すが、情報源に関心を示さない

情報の内容に関心を示すが、情報源に関心を示さない

 人は、

  • 情報の内容に関心を示すが、情報源には、しかるべき関心を示さない

ことについて書きます。

 例えば、ニュース番組の専門家の意見を聞くシーンで、「国際科学研究所の理事長が言うには〇〇です」という解説があった場合、その研究所が何なのか分からなくても、 ‶ へ~、そうなんだぁ ″ と納得します。

 人は、情報の内容に真っ先に飛びつきます。

 情報の内容に、矛盾や、おかしなところがなければ、ある程度信じます。

 情報の内容に、矛盾や、おかしなところがあった場合は、疑り深く吟味することもあります。

 しかし、情報の内容ではなく、情報源の方に注意を向け、疑り深く吟味することは稀です。

 上の例でいえば、ほとんどの人は、国際科学研究所が何なのか、報道機関がどのような情報の仕入れ方をしているかなどを、深掘りして知ろうとはしません。

情報源の無視

 『300人の高齢者を対象に電話調査を行ったところ、内閣の支持率は60%でした。』

という文章を読み、「高齢者は、内閣を支持しているでしょうか?」と問われたら、どのような答えが思い浮かびますか。

 ・・・

 ほとんどの人は、 ‶ 高齢者は、内閣を支持している ″ という回答が頭に浮かんだことと思います。

 しかし、その答えが浮かんだ人は、

  • 標本数が300であること
  • 調査が電話で行われていること

を無視して、答えを出してしまっています。

 『内閣の支持率は60%』という情報の内容に関心が向いてしまったため、『標本数が300』『調査が電話』という情報源の信用性は、吟味することなく、無視してしまったということです。

 情報源に関心が向かない人は、仮に、文章に記載される標本数が150や3000だったとしても、‶ 高齢者は、内閣を支持している ″ という同じ回答に着地すると考えられます。

 情報源に関心が向いていないのであれば、情報源に使われる数値が変わっても、導き出される答えに影響がないからです。

 上の文章に対して、情報源の信用性に関心がいった人は、「標本数、調査場所、調査方法によって結果は変わるため、高齢者が内閣を支持しているとは一概には分からない」といった答えに思い至ることができます。

情報源を疑わないのは、脳が楽をしたいから

 脳は、楽をしたがる臓器です。

 そのため、複数の解釈が可能だったとしても、複数の解釈をするといった しんどい作業 は避けます。

 情報源を疑えば、複数の解釈が可能になってしまうので、脳にとってはNGです。

 情報源は疑わずに、情報の内容から、つじつまの合う筋書きをすらすらと作ってしまえば、脳が楽をできます。

 楽をしたがる脳は、情報の内容がすぐに嘘と分かるものでない限り、それが正しいものとして見なしてしまいます。

まとめ

 人は、情報の内容に関心を示すが、情報源には関心を示さないという思考傾向を持ちます。

 そのことを理解し、時に、情報源を疑う思考ができることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました