【「嘘はついてはいけない」は間違い】嘘はつかなければならないもの

 私たちは、学校教育で先生から「嘘はついてはいけません」と教わってきました。

 しかし、社会に出ると嘘をうまくついていかないと不要なトラブルを起こしてしまいます。

 円滑な社会生活を送るために、‶嘘はつかなければならないもの″です。

「嘘をつかない」は有利な生き残り戦略ではない

 ほかの人や自分自身にも嘘をつかないことや、何も隠し立てをしないというのは、必ずしも有利な生き残り戦略ではありません。

 会社の業績悪化を公表してしまえば、資金調達ができなくなったり、お客や社員が離れていってしまい、業績悪化を加速させてしまいます。

 仕事帰りに飲んできたときに、妻には残業で遅くなった嘘をついた方が家庭が円滑に回ることもあります。

 嘘をつくことで、包み隠さずに話をしてしまった場合に発生する損失を回避できます。

まとめ

 嘘をつくことで、短期的にも長期的にも利益が最大になる場面があることは事実です。

 他人に傷つけたり、迷惑をかける嘘はいけませんが、そうでない嘘は、社会を円滑に回すために必要です。

タイトルとURLをコピーしました