【脳】ニューロンの道 ~人の思考、性格、能力は、ニューロンのつながり方で決まる~

ニューロンの道

 人の思考や感情は、脳で作られています。

 具体的には、脳の神経細胞が発火して、思考や感情が作られます。

 まずは、思考や感情が作られる脳の仕組みを理解することが大切です。

 脳の神経細胞は、無数のニューロンどうしが結合して作らています。

 脳の神経細胞とは、いわば無数の「ニューロンの道」の集まりです。

 「ニューロンの道」の集まりを「脳回路」と考えると分かりやすくなると思います。

 「ニューロンの道」(脳回路)を、脳の電気信号が通り抜けることで、思考情報・感情情報が作られます。

人としてのクオリティは、ニューロンの道のクオリティである

 人それぞれで、脳内に構築されているニューロンの道の構成は違います。

 そのため、人は、考え方・感情反応・価値観・性格・精神性などが異なるのです。

 能力が高く、論理的な思考ができたり、創造力を発揮できたり、安定した精神性を持っている人は、脳内にあるニューロンの道が多様で洗練されており、上等なのです。

 反対に、能力が低く、思考のくせ・思想・人格・精神性などに難がある人は、ニューロンの道が粗悪であり、バリエーションが少ないのです。

ニューロンの道は強化される

 ニューロンの道は、脳の電気信号が何度も通ることで強化されます。

 たとえば、最初は「apple」という英単語を読み書きできなくても、何度も繰り返し、読み書きするうちに、無意識でも読み書きできるようになります。

 これは、脳内で「apple」という英単語のニューロンの道(脳回路)が強化され、道の整備が完了したためです。

 勉強に限らず、スポーツでも同じことが起こります。

 たとえば、スノーボードが最初は全くすべれなくても、何度も転びながら、自分の体の動かし方を学習することで、スノーボード用のニューロンの道が出来上がります。

 それにより、脳から、スノーボードをすべる体の動きをする電気信号が発信できるようになり、スノーボードがすべれるようになります。

 雑草が生い茂る道を、何度も人が通るうちに道ができるように、ニューロンの道は、何度も電気信号が通過することで出来上がっていくのです。

脳の仕組みを理解すれば、自分の能力をマネジメントできる

 ニューロンの道は、何度も何度も通ることで、開拓し、整備することができます。

 脳内で繰り返し、電気信号を発信させることで、ニューロンの道(脳回路)を作れることを分かっていれば、自分好みに脳をマネジメントし、人生を変えることだってできるのです。

 私たちの思考・感情反応・行動は、すべて、脳細胞(ニューロンどうしのつながり方)によって決まっています。

 たとえば、怒りやすい人は、怒りやすい感情反応が起こるニューロンの道が脳細胞の中にできているのです。

 物事をネガティブに考える人は、不安や恐怖を想像するニューロンの道が脳細胞の中に整備されています。

 そうであれば、今の自分を変えたと思ったときに、別のニューロンの道を作ることができれば、思考・感情反応・行動を変えることができるのです。

 たとえば、「怒りを感じてキレ散らかすことは無価値だ」という新しいニューロンの道を作り、その道を何度も何度も通り、道を太く整備することができれば、怒りやすい自分を卒業することができます。

 物事をポジティブに考えるニューロンの道を、高速道路並に立派な道路にすることができれば、今まで使っていた物事をネガティブに考えるニューロンの道は使わなくてすむようになります。

 脳回路は、適応性があり、変化させることができます。

 そして、脳の配線は、組み替えることができます。

 脳を変える作業 -つまり、新しいニューロンの道を作る作業- を行うことで、人生を変えることができるのです。

タイトルとURLをコピーしました