法律(刑法)

窃盗罪①~㉖の記事まとめ一覧

窃盗罪① ~「窃盗の定義」「所有と占有の違い」「犯人も占有する共有物を窃取した場合の窃盗罪の成否」「犯人に窃取品の占有があるとして窃盗罪の成否が争われた判例」を解説~

窃盗罪② ~「法人・国家・死者・無主物・所有者不明の財物の所有・占有」「所有・占有が争点になった判例」を解説~

窃盗罪③ ~「親族相盗例の適用」「窃盗罪の客体(他人の財物・犯人と他人の共有物)」「財物の定義」「不動産・電気・情報は財物か?」を判例などで解説~

窃盗罪④ ~「窃取の意味(盗んだ物を占有者の意思に反して自己または第三者の占有に移す)」を判例などで解説~

窃盗罪⑤ ~「機械からの窃取は窃盗罪となる」「ATM機からの不正な現金の引き出し」「パチンコ玉の不正排出」を判例などで解説~

窃盗罪⑥ ~「占有者の同意(承諾)と窃盗罪の成否」を判例などで解説~

窃盗罪⑦ ~「暴行脅迫を原因とする財物の移転と窃盗罪の成否」を判例で解説~

窃盗罪⑧ ~「他人を道具として利用した財物の占有移転(間接正犯)」「刑事未成年者を道具として利用した窃盗」を判例などで解説~

窃盗罪⑨ ~「目的物の占有を第三者に移転する方法での窃取」「窃取はひそかに行うことを要件としない」を判例などで解説~

窃盗罪⑩ ~「不法領得の意思の意義」「不法領得の意思が肯定・否定された判例」を解説~

窃盗罪⑪ ~「実行の着手」「実行の着手の定義・機能」「侵入盗(家屋、倉庫・土蔵)における実行の着手」を判例などで解説~

窃盗罪⑫ ~「すり・車上荒らし・その他の窃盗行為における実行の着手」を判例で解説~

窃盗罪⑬ ~「窃盗罪の既遂の時期」「小型の財物(万引き事案など)について、窃盗罪が既遂に達する判断基準」を判例で解説~

窃盗罪⑭ ~「大型の財物について、窃盗罪が既遂に達する判断基準を示した判例」を解説~

窃盗罪⑮ ~「構造物の一部を分離して窃取する場合に、窃盗罪が既遂に達する判断基準を示した判例」「窃盗の既遂が認められた特殊な事案の判例」を解説~

窃盗罪⑯ ~「未遂犯とは」「窃盗罪における未遂の判断基準」を判例で解説~

窃盗罪⑰ ~「窃盗罪の不能犯と未遂犯に関する判例」を解説~

窃盗罪⑱ ~「窃盗罪における違法性阻却事由(被害者の承諾、窃盗犯からの被害品の取戻し)」を解説~

窃盗罪⑲ ~「窃盗の故意と不法領得の意思」「窃盗の故意の存在が問題になった判例」を解説~

窃盗罪⑳ ~「ひとまとまりの財物に対して、窃盗の故意が及ぶ範囲」を判例で解説~

窃盗罪㉑ ~「窃盗罪の罪数決定の基準」「複数の窃盗罪が成立し、併合罪となる場合」「数個の窃盗罪が観念的競合となり、一罪になる場合」を判例などで解説~

窃盗罪㉒ ~「窃盗罪における包括一罪(接続犯)」「窃盗罪の既遂と未遂が併発した場合の罪数」「窃盗罪の間接正犯と教唆犯が併発した場合の罪数」を判例などで解説~

窃盗罪㉓ ~「窃盗罪は状態犯であること」「窃盗罪における不可罰的事後行為とその具体例」「不可罰的事後行為にならない事案」を判例などで解説~

窃盗罪㉔ ~「窃盗罪と封印破棄罪、証拠隠滅罪、失火罪、住居侵入罪、文書偽造罪、支払用カード電磁的記録不正作出罪・同供用罪、印章不正使用罪、強盗罪との併合罪・観念的競合・牽連犯の成立関係」を判例などで解説~

窃盗罪㉕ ~「窃盗罪と詐欺罪、横領罪、盗品等に関する罪、文書毀棄罪、建造物損壊罪、との併合罪・観念的競合・牽連犯の成立関係」を判例などで解説~

窃盗罪㉖ ~「常習特殊窃盗、常習累犯窃盗(盗犯等の防止及び処分に関する法律)」を判例などで解説~